飲み過ぎないための3つの心構え(自戒)

こんばんわ、たろう丸(@tarohmal)です。

昨日は宅飲みでけっこう飲みすぎてしまって最後はどちゃっとなってしまい、久々に怒られてしまうという失態を演じてしまいました・・・。

情けない話ながら、いまだに年に数回は飲みすぎてどちゃっとなってしまうんですよね、少しずつ減らしてはいるんですが。

常日頃から問題意識を持っているのですが、失敗から日数を重ねてくるとだんだんと警戒心が薄れてきてしまうんですよねぇ。

ということで今日は、再び失敗してしまった自分への戒めを込めて、飲み過ぎないための3つの宅飲み心構えを書いていきます。

【1】飲酒中の水分補給は基本中の基本!

まず、水分補給を怠らないのは酒飲みの基本的な心構えでしょう。

アルコール飲料と水(あるいはノンアルコール飲料)は交互に口にするようにしましょう。効果があります。

肝臓が時間あたりに処理できるアルコール量には限りがあるため、アルコール摂取量を抑え、血中アルコール濃度を上げないようにする効果があります。

さらに、アルコールは利尿剤でもあるので、飲酒をすると脱水症状を引き起こしやすくなります。

アルコールと並行して十分に水を飲むことで、二日酔いの症状の1つである「脱水症状」と脱水に伴う各種症状を防ぐこともできます。

お酒の横には必ずチェイサーを置くようにしましょう。(戒め)

【2】最初からアルコール度数が高いものを飲まない

これは僕が飲み過ぎる時によくあるパターンです。

「最初の一杯だから」
「まずは濃いものを飲んではやく酔いを進めたい」

そんな理由で最初に度数の高めなものから飲酒を始めることがあるのですが・・・

最初っから飛ばそうとしている時に2杯目からおとなしく薄い飲み物に戻れるわけがないです!

一時の感情に惑わされて、濃さで酔いを調整しようとするのはよしましょう・・・。

【3】必要以上にお酒を備蓄しない

いちいちお酒を買いに行くのが面倒くさくて少し多めにお酒をストックするのはよくあることです。

しかし一度暴走モードに突入してしまったが最後、己が身を焼き尽くすまで燃料を求めてしまうでしょう。

その日に飲む分のお酒はその日に調達しましょう・・・。

さいごに

今回は、飲み過ぎないための3つの心構えをまとめました。

【1】水分補給は基本中の基本!
【2】最初からアルコール度数が高いものを飲まない
【3】必要以上にお酒を備蓄しない

僕ほど残念な飲み手の方もほとんどいないとは思いますけど、みなさんも極力お酒に飲まれないよう自己防衛しつつ、楽しくお酒を嗜みましょう!

それでは今日はここまで。

みなさま良い晩酌をお過ごしください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA