【書評No.7】ホリエモン×ウシジマくん最強コラボ!『バカは最強の法則』堀江貴文

書評『バカは最強の法則』のアイキャッチ画像

どうも!たろう丸(@tarohmal)です。

今回ご紹介するのは、こちらの本です!

 

バカは最強の法則 まんがでわかる「ウシジマくん×ホリエモン」負けない働き方』著・堀江貴文

 

この本では、ビジネス、マネー、人間関係、SNSから思考法など、誰でもすぐに実践できるホリエモン流「成功メソッド」を伝えています。

さらに本書では、ホリエモンがオススメのまんが第1位に推している「ウシジマくん」とのコラボまんがで楽しく解説されています!

銀行に勤める新人OLの主人公・小早川ユウコは、仕事に悩む中で謎のビジネスマン・ホリーと出会い「バカは最強」という助言を受けるのだった……。

それでは書評していきましょう!

 

バカは頭が良い人より成功しやすい

P_20180702_204405_vHDR_On-min

あなたは好きなことややりたいことを実現するために行動できているでしょうか?

著者はリスクを恐れて行動ができない人のことを「小利口」だと表現しています。

守りに入っている人、とも言い換えられますね。

一方で、リスクを取ってでも行動し、成功を得られる人のことを(いい意味で)「バカ」だと表現しています。

バカだから平気で
リスクを取れる。

バカだから失敗が
怖くない。

失敗しても
ダメージを受けない。

いい意味で鈍感。
だから何度でもチャレンジを仕掛けられる。

たとえば、サイコロを一度振っただけでゾロ目を出すのはむずかしいけど、何度も振ればいつかはゾロ目が出せますよね!

ここで小利口な人は、失敗を恐れてサイコロを振れなかったり、一度目でゾロ目が出なかったらやめてしまうということ。

でもバカは何度もチャレンジできるのでゾロ目を出す確率が上がるということですね!

成功するためにはまず行動すること・チャレンジすることが大事だという。

当たり前の話ですが、チャレンジしなければそもそも勝率は0パーセントですよね。

「うまくいくか分からない」「周りの目が気になる」とリスクばかり恐れて行動できない”小利口”なあなたも、とりあえず行動してみる”バカ”になってみましょう!

 

 

ビジネスはギブ&ギブ、おまけにギブ!

P_20180702_121521_vHDR_On-min

ビジネスシーンにおいて「信用を得る」ためには、他人に何かを与えることが大事なのだという。

逆に言えば、他人から何かをもらう発想しかない人は、信用あるビジネスマンにはなれないと。

よく人間関係は
ギブ&テイクなんて言うけど、
ビジネスで信用を得たいなら、
それだけじゃ物足りない。

ギブ&ギブ、おまけに
ギブぐらい、相手に与える
という気持ちが大事なんだ。

惜しみなくただ与える。

見返りなど期待せず
相手の想像をはるかに
超える何かを与える
ことこそが、
信用を得るための
近道だと言える。

もらった報酬以上の価値を相手に提供するのは、ビジネスの基本中の基本ですよね!

たしかに身の回りの人望のあつい人というのは、他の人よりギブの精神が強い人が多いです。

かくいうぼくはあまりギブの精神が強くなかったほうなので、ギブの精神が強い人には感心させられっぱなしです。

世の中には存外このギブができない人が多いという。

相手に「信用できる」「また会いたい」と思ってもらうには、もらう発想からギブの発想に変えていくことが大事なんですね!

 

 

ブラックな勤め先はすぐに飛び出せ!

P_20180702_121613_vHDR_On-min

あなたは今の仕事や現状に不満があるのに、周りの目ばかり気にして身動きが取れなくなってしまっていませんか?

 

著者は、そうやって身動きが取れなくなっている人は、狭い世界に閉じこもってしまっているという。

ひとつの職場やコミュニティより外側のほうが、世界が広いのは当然ですよね。

もしかしたら、今の仕事ではなかなか成果があげられないあなたも、まったく別の仕事でなら活躍できるかもしれない。

でも自分には才能もないし……」そう思ってしまう気持ちもわかります。

しかしやってみてもないことの才能があるのかどうか、なぜ事前にわかるのでしょうか?

才能が自分に
あるかどうかなんて、
やる前には
誰にもわからない。

それどころか
才能がきちんと
見測られる場面まで、
やり続けてみた人は
どれだけいるのだろうか?

自分には才能がないからと
動き出そうとしないのは、
自分で限界を
決めているようなものだ。

これはまさに、「うまくいくかわからない」というリスクを恐れて”バカ”になりきれていないということですよね!

近年の日本は人材不足ともいわれているので、特別なスキルがなくとも仕事はいくらでもあります。

もしブラック企業で自暴自棄になるほど追い詰められている人がいるなら、まずは会社を飛び出す勇気を持ってほしいと著者はいう。

自分で自分の限界を決めつけず、いつでも大胆にチャレンジできる気持ちを忘れないようにしたいですね!

 

ホリエモン流の折れないメンタル術についての書評はこちら!

【書評No.2】ホリエモン流・あなたの人生を取り戻すためのメンタル術『自分のことだけ考える。』

2018年4月26日

 

 

おわりに

P_20180702_221835_vHDR_On-min

いかがでしたでしょうか?

本書では他にも

  • カネ儲けで一番大切なリスク管理の話
  • SNSで簡単に「いいね」するヤツは危険
  • カネの本質を知らないヤツは失敗する

などなど気になる「成功メソッド」を紹介しています。

本書はまんが仕立てということもあって、普段はビジネス書を読まない方でも楽しくサクッと読める一冊となっています!

  • 読書は苦手だけどホリエモンのことをもっと知りたい
  • ホリエモンの成功メソッドをお手軽に読みたい

こういう人に本書はオススメです!

 

それでは、最後まで読んでいただいてありがとうございます。

【書評No.4】この変化の時代をどう生きるべきか?『10年後の仕事図鑑』堀江貴文・落合陽一

2018年5月28日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA