【書評No.6】あなたはPDCAを回せてますか?『自分を劇的に成長させる!PDCAノート』岡村拓朗

どうも!たろう丸(@tarohmal)です。

 

この記事で書評するのは『自分を劇的に成長させる!PDCAノート』です。

この記事を読んでいただいている方はご存知のか人も多いと思いますが、「PDCA」とは、

「P 計画」→「D 実行」→「C 評価」→「A 改善」

と表される、業務改善の手法です。

あなたは普段の日常・仕事の中でPDCAを回しているでしょうか?

多くの人はPDCAが重要だとわかっているのに、実際にPDCAを回しているひとは非常に少ないと思います。

ぼくもまさに、この本を読むまでは「PDCAは知っているけど回していない」状態でした。

この本の中では、

  • なぜ多くの人はPDCAを回していないのか
  • 実際にPDCAを回すための具体的な方法
  • PDCAを習慣化するための方法

などを解説しています。

それでは、書評をしていきましょう!

created by Rinker
¥1,540 (2019/11/15 02:00:39時点 Amazon調べ-詳細)

 

9割の人はPDCAの回し方を知らない

なぜほとんどの人はPDCAを回せないのでしょうか?

著者によると、PDCAの具体的な回し方を知らないからほとんどの人は「PDCAを回せていない」と感じるのだという。

PDCAの4つのステップがあります。

「P 計画」「D 実行」「C 評価」「A 改善」

ひとつひとつは理解できます。しかしそれでは実際に何をすればいいのか、具体的にイメージできる人はほとんどいません。

そこで、著者が実際にPDCAを回すために本書で提案しているメソッドが、1日5分からできる「PDCAノート」です。

 

 

PDCAノートで”PDCAを回すための3つのルール”を押さえる

著者によると、PDCAをうまく回すためには3つのルールがあるという。

これまでお伝えしてきた通り、PDCAは知っているだけでは何も意味を持ちません。PDCAに対する誤解を解きながら、うまく回すための基本原則をお伝えしていきます。

PDCAを回すための基本ルールは次の3つです。

ルール1 見える化 PDCAは視覚化できれば回る
ルール2 仕組み化 PDCAは仕組みで回る
ルール3 習慣化  PDCAを回すことを習慣化する

そしてこのPDCAの3つのルールを押さえるための方法が「PDCAノート」だという。

PDCAノートを作って(視覚化)、実績を見直し(仕組み化)、毎日これを繰り返す(習慣化)することで、PDCAを高速で回すことができるという!

 

 

PDCAノートの作り方

PDCAノート作りはとてもかんたん!紙とペンを用意して、写真のようなフォーマットを作るだけです♪

PDCAノートの書き方

上欄には「達成したい目標」を記入し、そのためにやることを「P 計画」の欄に書き込みます。

「D 実行」の欄には実際の行動や実績を記入し、そして「C 評価」と「A 改善」の欄で目標達成の振り返りやそれを踏まえた改善策を書き込みます。

ぼくも実際にこのPDCAノート作りを試してみましたが、フォーマットのとおり書き込んでいくだけで、「やるべきこと(計画)」とそれに対する「振り返り」や「対策」の検討など自動的にPDCAの思考ができるのでとても便利です。

手早く書いてしまえば10分くらいで作れてしまう手軽さもgoodですね!

 

 

おわりに

このPDCAノートは、その日1日だけのデイリーPDCAから、長い時間をかけて大きな目標を達成するためのプロジェクトPDCAまで、あらゆるPDCAに応用できると言います。

もしあなたが普段は、やるべきことも振り返りもすべて頭の中で済ませてしまっているならば、PDCAノートに書き出して「見える化」してみてはいかがでしょうか?

  • 仕事のスピードや質を高めたい
  • 長く続けている仕事なのに成長を感じられない
  • 仕事でミスが多い

こういう人に本書はおすすめです!

あなたもPDCAを回す方法を身につけて、今まで以上の成長サイクルを手に入れましょう!

 

それでは、最後まで読んでいただいてありがとうございます!

created by Rinker
¥1,540 (2019/11/15 02:00:39時点 Amazon調べ-詳細)

 

やるべきことをが多すぎて手が回らないと思っている人にオススメ!

【書評No.1】エッセンシャル思考 最小の時間で成果を最大にする

2018年4月23日

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA