【報告】モノづくりエンジニアが業界未経験でプログラマーに転職します

アイキャッチ画像

どうもっ、たろう丸(@tarohmal)です。

2018年12月末に5年弱くらい務めていた会社を辞めて、2019年3月からソフトウェア開発会社へプログラマーとして転職することが決まりました。

今回のエントリでは、転職を決意したキッカケや思いとか、転職が決まるまでの経緯なんかをお伝えしたいと思います。

3月からプログラマーに転職します

前職は2018年12月31日をもって退職し、約2ヶ月半の休職期間をはさんで、2019年3月中旬からソフトウェア開発会社に転職することが決まりました。

ぼくはこれまで、某大手機械メーカーでいわゆる”モノづくりエンジニア”として働いてきましたが、新しい会社にはプログラマーとして採用されます。転職先の会社では、今までやってきたのとは業界も違う・要求スキルも違う未知の世界へのチャレンジになります。

入社準備も着々と進んでおりまして、ありがちな言い回しですが今は”期待半分・不安半分”といった心境です。

転職を決意した経緯と思い

結論からいうと、前職のモノづくりエンジニアというキャリアの将来性への不安と、前々から興味のあったIT分野に身を置きたいと感じたことが理由です。

モノづくりエンジニアとしてのキャリアに疑問を感じたキッカケ

前職の会社は正直、そこそこ大きな会社で福利厚生も良く、辞めてしまうのはもったいないと今でも感じるほどいい会社でした。それでも、これからの自分の長い人生とキャリアを真剣に想像したときに「ぼくが進みたいのはこの道じゃない」と気付いて、29歳アラサーにして初転職・キャリアチェンジを決意しました。

詳しい心境は退職を決めた当時のエントリにも書いていますが、ものづくりエンジニアとしてのキャリアに疑問を持ったのは、自分個人の実績を高めにくいことや、専門職はスキルの応用範囲が狭いことなんかが心に引っかかったことがキッカケになりました。

【退職交渉中】ぼくは機械系エンジニア職に魅力を感じなくなった

2018年7月24日

 

もともと興味のあったITエンジニアに再注目した

ぼくは昔からロボットやデジタルガジェットも大好きでした。また大学時代はロボット工学を専攻し、機械の学問とITの学問は半々ずつくらい学んだりしていて、元々IT分野には関心が強かったんですね。

とはいえ就職後はそんなこともすっかり忘れ、業務に追われてガムシャラに働いていたわけですが、ワードプレスでブログを始めたことがキッカケになってプログラミングにもう一度触れることができ、「プログラミングってやっぱ面白い!」と気づかされました。

も少しリアルな話をすると、ものづくり業界って歴史が古いので安定してる分、今後の劇的な業界成長はなかなか望めないと思っているんですね。一方でIT業界はこれからもますます規模が大きくなると思っているし、僕自身ITには大きな力と可能性がまだまだあるなぁと感じています。

どうせ転職をするなら、今までと変わり映えしない同業界にしがみつくより、関心と期待のあるIT業界に飛び込んでみたい、そう思って転職活動しました。

 

はじめての転職活動

謎の勢いと根拠のない自信のようなもので退職・転職をしましたが、アラサーがいきなり実績なしで未経験業界に転職するのはやはり、簡単ではなかったなぁというのは今も感じます。

 

転職活動期間は約2ヶ月

転職活動は実は勤務期間中はほとんどしてなくて、有給消化期間に入って手が空いた12月から本格的に転職活動をはじめました。それから内定を承諾したのが2月初めだったので、転職活動期間はちょうど丸2ヶ月くらいですね。平均転職期間は2~3ヶ月と言われていますから、転職活動にフルコミットして2ヶ月間なので期間的には妥当でしょうか。

転職活動は転職エージェントをメインで利用して行ない、転職先も転職エージェント経由で紹介してもらった会社です。総評としては、書類選考はそこそこって感じでしたが、実績なしであることや僕自身の未熟さ故に面接選考の打率はやはり低かったですね。けっこう鍛えられた思いです。

今回の転職活動を通じていろいろと転職の知見が得られたので、そのうちまとめて記事にしたいと思っています。

 

転職準備と転居(2月~現在)

転職先の勤務地には元々住んでいた住居からは通えない距離だったので、内定承諾後は即・転居手続きなどを進めました。

おおよそ1ヶ月で転居先の賃貸探し・引越し業者の手配・荷造り・引越しを終えましたが、これがなかなか大変でなんと言ってもお金がかかる…っ!退職・転職・引越しにくわえて年始の税金支払なんかも合わさって、70~90人くらいの諭吉さんがぼくの元を去りました…。転職時期には何かとお金がかかるんで、転職を考えてる方は貯金に余裕を持って臨むことをおすすめします。

入社手続きなんかもぼちぼち完了しつつあり、今は残り少ない休職期間を過ごしています。

 

転職先のソフトウェア開発会社で何をするのか・したいのか

具体的な業務内容やプロジェクトは入社してからになりますが、業務系や組み込み系システム、アプリ開発、HP制作などのプログラマーを担当します。ぼく自身プログラミングの基礎知識はありますが開発経験という点では皆無なので、入社前からプログラミングの予習復習を進めています。

先を見ればマネジメントやリーダーポジションとしての能力も研鑽していきたいですが、とはいえ未経験で入る会社ですので、まずは目の前の仕事とスキル習得に全力投球していきたいと思っています。

 

おわりに

今回は近況報告みたいな投稿でした。

このはじめての転職活動を通じてたくさんの気づきも得られましたし、とてもいい学びの機会になったと思っています。転職活動を通じて、自分のやりたいこと・やりたくないこと・これから歩むキャリアなんかについても今までより少しは明らかにできました。

それでは最後まで読んでくださってありがとうございます。今後もどうぞよろしくお願いいたします。

転職に向いている人 転職してはいけない人 [ 黒田 真行 ]
created by Rinker
¥1,540 (2019/10/20 18:51:33時点 楽天市場調べ-詳細)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA