転職はどれくらい期間がかかるの?実例を交えて紹介します

アイキャッチ
転職を考える男性
転職活動ってどれくらい時間がかかるんだろう
転職を考える女性
どれくらい前から転職活動を始めればいいの?

はじめての転職であれば、そもそもどれくらいの活動期間を見込んでおけばいいのか分からないですよね。

そこでこの記事では、社会人5年目で未経験業界にゼロから転職を成功させた私が実際に辿った転職スケジュールも交えつつ転職活動期間やスケジュール感を解説します。

  • 転職活動の具体的なイメージをつかみたい
  • これから転職活動をはじめたい

こういった方に向けて記事を書いています。3分くらいで読めますのでどうぞご覧ください。

アイキャッチ画像

【転職】おすすめの『企業口コミサイト』を比較・活用方法も紹介【会社選び】

2019年2月12日

転職活動期間の平均は3ヶ月

希望条件などにもよりますが、転職活動期間は平均で「3ヶ月くらい」といわれています。ただし、在職中で転職活動にあまり時間がかけられない場合などは3ヶ月よりさらに時間がかかることも多いです。転職活動をはじめるなら、スケジュールには余裕を持って3〜6ヶ月を目安に取り組むといいですね。

在職中なら最低3ヶ月、離職中なら1.5~2ヶ月が目安

後ほど説明しますが、私は離職してから転職活動をはじめて、ちょうど2ヶ月で内定を得ることが出来ました。

実際に私が転職活動を行なった経験によれば、在職中ならプライベートのほとんどを転職活動に注力しても最速で3ヶ月、離職中で転職活動に集中すれば最速で1.5~2ヶ月は必要かな、と思います。

一般的な転職活動の流れ

転職を考える男性
転職活動って具体的にどんな流れで進めるの?

一般的な転職活動の流れと必要な期間を紹介します。

  1. 転職サイトに登録
  2. 履歴書・職務経歴書の作成
  3. 企業にエントリー
  4. 書類選考をクリアしたら面接日程を調整
  5. 面接(通常1~3回)
  6. 内定オファー

転職活動は大まかに2つのフェーズがありまして、希望条件を決めたり書類を揃えて企業にエントリーするまでの「準備・エントリーフェーズ」と、書類選考を通って実際にいくつかの企業と面接をする「面接フェーズ」です。

「転職サイトに登録したものの続かなかった」という人が引っかかりやすいのが、「履歴書・職務経歴書の作成」の段階です。普段書きなれない書類を作るのはなかなか労力が大きいので、書籍を1冊買って参考にしてみたり、転職サイトのエージェントに添削してもらうといいと思います。

最初の面接までには最低1ヶ月くらいかかる

まったくの準備ゼロから転職活動を始める場合、転職サイト登録から最初の面接を取りつけるまで早くても大体1ヶ月はかかると見込んでいいと思います。

まず、エージェントとの面談や履歴書・職務経歴書の作成、希望企業選びなどを行ない実際にエントリーをするまで1~2週間はかかります。エントリー後に書類選考結果が返ってくるまでの時間は企業によって様々で、早くて数日~遅くて2週間ほどかかります。さらに面接の日程は通常、書類選考通過の知らせがあった日から数日~1週間後くらいに設定されます。

まずは最初の面接をとりつけるまでの1ヶ月間は、がんばって転職活動に注力してみましょう。

面接までたどり着ければ、あとはひたすら面接を繰り返すのみ

一度、面接までたどり着ければ履歴書や職務経歴書は微修正を除けばほとんど手がかからなくなるはずなので、あとは時間の許す限りエントリーと面接を繰り返すのみです。ここで数社以内に内定をゲットできれば、転職活動期間2~3ヶ月以内で終了することもできます。

しかし在職中であれば、面接の日程調整が難しいポイントのひとつとなるので、もう少し時間がかかるんじゃないでしょうか。また離職中の転職活動であっても、毎度準備が必要なために面接は2〜3件/週が限界かと思います。できるなら面接企業は厳選して早期内定を決めたいところです。

【実例】私の実際の転職活動スケジュールを紹介

ここでは参考として、私が実際に転職活動を行なったときの転職活動スケジュールや転職活動で気づいたコツなどをご紹介します。

前提条件として、次のような条件で転職活動を行なっていました。

  • 離職(有給消化)したあとにゼロから転職活動を開始
  • 実績ほぼゼロの未経験業界を第1志望
  • エージェント型転職サービスを利用
筆者の実際の転職活動スケジュール

【1ヶ月目第1週】転職サイト登録+履歴書・職務経歴書の作成
【1ヶ月目第2週】エージェント面談+希望条件の整理+企業選びとエントリー
【1ヶ月目第3週】継続してエントリー+1社目の書類選考通過
【1ヶ月目第4週】1社目の面接
【2ヶ月目第1週】継続して面接
【2ヶ月目第2週】継続して面接
【2ヶ月目第3週】継続して面接
【2ヶ月目第4週】内定オファー

1社目の面接はちょうど1ヶ月目の最終日に実施したので、面接までの準備・調整にまる1ヶ月かかったことになります。

2ヶ月目は10社弱と集中的に面接していき、ちょうど最終週に内定受諾を決めました。私の転職活動期間はちょうど2ヶ月間です。

面接オファーを受けるかどうかは書類選考を通過してから考えればいい

よく企業選びの段階でいろいろ悩みすぎてエントリーする企業を決められないという人がいますが、私は少しでも希望条件に引っかかる企業であればとりあえずエントリーするべきと考えています。

求人票から分かる情報はたかが知れていますし、究極論をいえば真の社風なんて入社してみるまで分からないものです。そもそも受かる前から悩んでも仕方ないのですから、まずは積極的にエントリーして、受かった企業からじっくり精査してみましょう。

書類選考通過してから改めて希望条件とマッチしないなと感じたら、素直に「希望条件と合わないので辞退します」と伝えればそれで済みます。

ベストは在職中に内定をゲットすることです

一般的には、”妥当な理由”がなければ「転職先を決める前に仕事をやめる」=「計画性がない」とみなされます。離職してから転職活動を行なう場合、かなりの確率で「転職活動前に仕事をやめた理由」を聞かれますので、面接官を説得できる「ちゃんとした理由」を言えるように準備しておきましょう。

私自身、当時のエントリに綴ったとおり、色々と思いを抱いていたときに望まぬ転勤(出向)辞令を言い渡されたというキッカケがあり、転職先を決める前に退職の決断をしたのですが、当時の事情と心情をしっかりと説明することで納得してもらえていました。
(とはいえ、仕事の忙しさを理由にせずもう少し早く転職活動を始めることは出来たはずだったと今はちょっと反省もしています…^^;)

転職活動の時間を捻出するのは大変だと思いますが、正当な理由がない限りは在職中にガンバって転職活動することをおすすめします。

【退職交渉中】ぼくは機械系エンジニア職に魅力を感じなくなった

2018年7月24日

もし離職後に転職活動をするなら最低50万円くらいは貯金しておこう

先程に述べたとおり、転職活動には最低でも2~3ヶ月くらいかかりますので、もし仕方なく離職後に転職活動を行なうなら、最低でも50万円くらいは貯金があったほうがいいと思います。転職活動にはかなりエネルギーを使いますから、転職活動しながら同時にお金の心配をするのはかなりしんどいと思います。

私の場合も、まだ余裕はありましたが、先の見えない状況だとそれでも少し貯金の心配が脳裏をよぎることがありました。

目先の転職活動に集中するためにも、最低限の資金は貯めておきましょう。

おすすめのエージェント型転職サービス

転職サイトはたくさんありますが、私がおすすめするのは「エージェント型転職サービス」です。

転職エージェントに付いてもらえば、希望条件の整理や履歴書の添削、企業へのエントリーや面接日程の代行など、転職活動をサポートしてくれます。もちろん転職者はエージェントサービスを無料で利用できるので、転職活動にまとまった時間を取りにくい方ならエージェント一択だと思います。

その中でも、実際に私が利用したエージェント型転職サービスを紹介します。

豊富な求人数が特徴の「リクルートエージェント」

転職サービス「リクルートエージェント」のサイトトップ画像

業界最大級の求人数が特徴の「リクナビエージェント」。とにかく求人数が圧倒的なので、「いろんな企業の求人を比べたい」「幅広い業種をみてみたい」といった方におすすめです。

さらに、最大手ならではの実践的な面接テクニックや模擬面接を実施してくれるなど、手厚いサポートも心強かったです。

親身な相談に乗ってくれる「マイナビエージェント」

転職サービス「マイナビエージェント」のサイトトップ画像

エージェントの親身な対応が印象的だったのが「マイナビエージェント」。複数回の面談に応じてくれたり、志望度が高い企業であれば担当者と対策面談をセッティングしてくれたりと、転職者ひとりひとりに丁寧なサポートが特徴でした。

はじめての転職で安心できるエージェントとしっかり打ち合わせをして進めたいというあなたにオススメの転職サービスです。

年収の高いハイキャリア求人が多い「doda」

転職サービス「doda」のサイトトップ画像

他の転職サービスと比べて、高年収求人を多く掲載しているのが「doda」です。「転職で年収を上げたい」「キャリアアップが一番の目標」というあなたにオススメです。

おわりに

今回は、私の転職体験を交えつつ、転職活動にかかる期間を説明しました。

  • 転職活動期間の平均は3ヶ月
  • 在職中なら最低3ヶ月、離職中なら1.5~2ヶ月が目安

転職活動といっても、初めてならば一体なにをすればいいのか中々イメージできないこともあると思いますが、あなたの行動のキッカケに少しでもなれれば幸いです。

それでは、あなたの転職活動が成功することをお祈りしています。

アイキャッチ

【転職・就活】面接直前にやるべき緊張のほぐし方【原稿暗記より大事】

2019年4月26日

転職に向いている人 転職してはいけない人 [ 黒田 真行 ]

created by Rinker
¥1,512 (2019/07/20 05:04:30時点 楽天市場調べ-詳細)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA