パソコン作業の生産性を格段に高める仕事効率化ツールまとめ【すべて無料】

バソコンを使って遊んでいる人も、仕事をしている人も、「この面倒くさい作業はもっとかんたんにできないのかな」と感じたことはきっとあるはずです。

あるいはもっとかんたんにできるのに、気づかないままやらなくてもいい作業をやり続けているのかもしれません。

そこでこの記事では、ぼくも実際にマイパソコンで利用している「生産性を格段に高める仕事効率化ツール」を、Windows標準機能編・フリーソフト編・Chromeプラグイン編に分けて、まとめてご紹介します。

もちろんここでご紹介する仕事効率化ツールは全て無料なので、読んですぐに試してもらえます。

またこの記事は今後も、新たな仕事効率化ツールをみつけるたびに随時追記していく予定ですので定期的にチェックしてみてください。

Windows の標準機能編

まずは、意外と知られていない「便利な Windows の標準機能」をご紹介していきます。

ここでは Windows10 の機能を中心に紹介しますので、一部の機能は古い Windows のバージョンでは使えない場合もありますのでご了承ください。

テキストのコピー履歴を呼び出せるショートカット [Win]+[v] キー

実は、テキストコピー履歴を呼び出せる機能が Windows10 から標準搭載されました。

[Win]+[v] キーを押すとそれまでにコピーしたテキストコピー履歴が数十個以上もさかのぼってリスト表示されるので、任意の履歴を選択するだけで好きなテキストを貼り付けることができます。

例えば、調べ物や資料作りをしているとき、テキストをコピーして貼り付けて、別のテキストをコピーしてまた貼り付けして……なんて面倒な作業もまとめて済ませられるので、覚えておいて損はない機能ですね。

とはいえ最低限の機能しかないので、「もっとバシバシカスタマイズして使い勝手よく活用したい!」という方は、後ほど紹介するコピー履歴管理フリーソフト「Clibor(クリボー)」も便利ですよ。

複数のデスクトップを使い分けられる機能「仮想デスクトップ」

Windows10では、複数のデスクトップを自由に作成・切り替えられる「仮想デスクトップ」という機能が標準で使うことができます。

仮想デスクトップ機能を利用するためのショートカットキーは次の3つだけなのでとてもかんたんです。

仮想デスクトップのショートカットキー
  • [Win]+[Ctrl]+[d]:新しい仮想デスクトップの作成
  • [Win]+[Ctrl]+[←/→]:仮想デスクトップの切り替え
  • [Win]+[Ctrl]+[F4]:仮想デスクトップの削除

例えば、1枚目のデスクトップには資料を表示しておき、2枚目のデスクトップにはワードを立ち上げて資料作成をするなど、デスクトップ毎に表示しておくものを使い分けることができます。

仮想デスクトップ機能を使いこなせれば、デスクトップ画面がいろんなソフトのウインドウで溢れてしまうことを防ぐことができるので、生産性UP間違いなしですよ。

フリーソフト編

続いて、生産性を高める超便利なフリーソフトを紹介します。

本家Microsoft製の便利ツール詰め合わせソフト「PowerToys (パワートイズ)」

「PowerToys (パワートイズ)」とは、Windowsを手がけるMicrosoftが提供する無料ソフトで、Windows OSには標準搭載されなかった複数の便利ツールを一つのパッケージにまとめて提供するソフトです。

記事執筆時点では、「PowerToys」には7つの便利ツールが搭載されています。

「PowerToys」の搭載機能
  1. 自由にウィンドウをレイアウトできる機能
  2. ファイルのプレビュー機能を拡張できる機能
  3. 画像ファイルのサイズをかんたん変換できる機能
  4. キーボードの割り当てを自由に変更できる機能
  5. 複数ファイルの一括リネームができる機能
  6. クイックランチャーでアプリを一発呼び出しする機能
  7. “Win”キーのショートカットを一覧を表示してくれる機能

どの機能も、探せばフリーソフトでたくさん見つけることができますが、なんといっても“本家Microsoft”が開発している公式Windows用アプリという安心感が違いますよね。

「PowerToys」はぼくも重宝していて、とくにお気に入りの「キーボードの割り当てを自由に変更できる機能」は欠かせません。キーボードの自由度が少ないノートパソコンユーザーにはおすすめの機能です。

より詳しい説明やインストール方法は別ページにて紹介していますので、ぜひ御覧ください。

関連記事:Microsoft製Windows10用ツール「PowerToys」を試したら便利すぎた

テキストのコピー履歴を呼び出せるソフト「Clibor(クリボー)」

何度もコピペ(コピー&ペースト)をくり返す作業を助けてくれるのが、クリップボード履歴管理ソフト「Clibor(クリボー)」です。

Clibor を使えば、過去の数十件以上ものテキストコピー履歴をすぐに呼び出して貼り付けることができます。

ブラウザで調べた単語や文章を連続でコピーしておいて、Word にまとめて貼り付けるといった操作ができるので、時短効果が大きいソフトと思います。

さらに Clibor には定型文を登録する機能があるので、メールの雛形文やよく使う文章をかんたんに呼び出して貼り付けられるのも便利ですね。

>>Clibor のダウンロードはこちら!

Clibor の使い方

Clibor の基本的な使い方を紹介します。

  1. 入力したいところにカーソルを移動させて「Ctrl」キーを2回押す
  2. 表示されるクリップボード履歴リストから貼り付けたい履歴を選択して[Enter]もしくはクリック
  3. [Ctrl] + [v] か、右クリックメニュー [貼り付け] で貼り付ける

初期設定ではクリップボード履歴を選択したあとに貼り付け操作をしないと入力されませんが、設定を変更することで選択・即貼り付けすることも可能です。

高機能なファイル管理ソフト「As/R(エーエスアール)」

フリーソフトファイラーの中でも、超多機能で人気の高いファイラーが「As/R(エーエスアール)」です。

ちなみに、ファイル管理ソフトのことを「ファイラー」と呼びます。あなたが普段何気なく使っている Windows のエクスプローラーも、ファイラーの一種です。

As/R は本当に多機能すぎて、具体的に何ができるのか全て説明するだけでブログがひとつ作れそうなレベルなんですが、大まかな特徴を3つ挙げておきます。

As/R の3つの特徴
  • タブ機能で、1つのウィンドウに複数のフォルダを開いておける
  • 2画面分割機能で、2つのフォルダを同時に開ける
  • ショートカットキーが豊富すぎるので、キーボードだけであらゆる操作が可能

たとえば、たくさんのフォルダを開いておきたいときに、Windows エクスプローラーを2つも3つも立ち上げてディスプレイがごちゃごちゃに……なんて経験ありませんか?

As/R ならタブ機能や2画面分割機能があるため、複数のフォルダを表示するときでもウィンドウは As/R のひとつだけで済むのでスッキリできます。

さらに As/R ではほぼ全てのキーにショートカットキーが割り当てられていて、[c] キーでコピー、[d] キーで削除など、ワンキーからでも様々な操作が可能。そしてショートカットキーは自由にカスタマイズできるのであなたの使いやすいように設定しちゃいましょう。

As/R は慣れるまでは操作が少し難しいですが、一度慣れてしまうともう Windows のエクスプローラーには戻れないくらい便利にフォルダ移動やファイル操作ができます。

>>As/R のダウンロードはこちら!

高機能なのに動作が軽快なテキストエディタ「Visual Studio Code(ヴィジュアルスタジオコード)」

Visual Studio Code(ヴィジュアルスタジオコード)」は、Microsoft が提供する無料のテキストエディタです。略して「VSCode」とも呼ばれます。

VSCode は、数多く公開されているプラグインをインストールすることであなたの用途に合わせたカスタマイズができることに加えて、動作が非常に軽快なのがGOODポイントです。

また、マークダウン記法に対応するプラグインなども公開されており、文書作成用にもカスタマイズ可能なので、プログラマーだけでなく、ブロガーやライター向けの文書エディタとしても利用できます。

>>Visual Studio Code のダウンロードはこちら!

Chrome(クローム)プラグイン編

ウェブサイトを閲覧するときに利用するブラウザの中でも、近年主流となってきたブラウザが google の提供する「Chrome(クローム)」

Chrome には、インストールするだけで Chrome に様々な新しい機能をプラスする拡張機能「プラグイン」というものがあります。

ここからは、インターネットサーフィンを便利にする Chrome プラグインをご紹介します。

キーボードだけで快適ブラウジング「Vimium(ヴィミウム)」

特に、タッチパッドでの操作が多いノートパソコン使いにオススメなのが、キーボードだけで楽にブラウジングできるようになるプラグイン「Vimium(ヴィミウム)」です。

Vimium をインストールするだけでブラウジングをすばやく・かんたんにするショートカットが追加され、ほんの一部ですが例えば、下記のようなショートカットキーが使えるようになります。

Vimium のショートカットキー(抜粋)
[d] … ウェブページを半ページ下にスクロール
[u] … ウェブページを半ページ上にスクロール
[Shift + h] … 前のページに戻る
[Shift + l] … 次のページへ進む
[f] … ページ内の全てのリンクにショートカットを割り当てる

ぼくが特に重宝しているのが、ページ内のリンクにショートカットを割り当ててくれる [f] のショートカットキーですね。

いちいちマウスやタッチパッドでカーソルを合わせなくても、キーボードだけで開きたいリンクを選択できるので、インターネットサーフィンが素早く・快適になります。

>>Vimium のインストールはこちら!

ウェブページにカーソルを表示できる「カーソルブラウジング」

こちらも、マウスなしでブラウジングする機会の多いノートパソコンにオススメの、ウェブページにカーソルを表示できるようになるプラグイン「カーソルブラウジング」です。

ウェブページにカーソルが出たら何が良いの?と思うかもしれませんが、個人的には、キーボードだけでウェブページのテキストを選択やコピーしやすくなることが便利ポイントだと感じています。

マウスを使ったテキスト選択だと、選択範囲をオーバーしてしまったり、思ったところから選択ができなかったりしてイラッとすることもたまにあると思いますが、カーソル選択ならそういったこともありません。

>>カーソルブラウジングのインストールはこちら!

おわりに

今回は、生産性を爆上げするため、ぼくが実際に愛用している便利な機能・フリーソフト・Chromeプラグインを一気にご紹介しました。

かんたんに使えるものから、慣れが必要なちょっぴり難しいソフトまでいろいろご紹介しましたが、パソコンを使って働くすべてのヒトに胸を張っておすすめできるソフトばかりです。

今後も便利な機能・ソフト・Chromeプラグインを見つけたらどんどん追加していくので、チェックしてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA