コンセントの形状・電圧は?フィリピンのコンセント事情を解説!

どうも、たろう丸(@tarohmal)です!

 

はじめてのフィリピン。

「フィリピンのコンセントの形ってどうなの?」
「日本のコンセントは使えるの?」

旅行の準備をする中で、フィリピンのコンセント事情はまずに気になる疑問のひとつですよね。

そこで今回の記事では、実際にフィリピン旅行で見てきた
フィリピンのコンセント事情を写真も交えて解説したいと思います!

この記事のポイント
  • コンセントの形状は基本的に日本と同じでOK!
  • フィリピンの電圧は220ボルト、60ヘルツ
  • ただし、近ごろは「変圧器」が必要ない場合が多い

フィリピンのコンセントの形状・電圧は?

フィリピンは日本のコンセントと同じ形状でOK!

コンセントの形状一覧

フィリピンのコンセントの形状は、Aタイプ、Bタイプ、Cタイプが混在していますが、
基本的には日本と同じAタイプのコンセントが使用できます。
都会部のホテルであれば、たいていはAタイプが利用可能です。

ただし、Aタイプが使えないホテルもゼロではないと思いますので、事前に利用可能なコンセントの形状を確認し必要であれば「変換器」を購入しておきましょう。

変換器が必要な場合はコチラが安くてオススメです!

 

フィリピンの電圧は220ボルト、60ヘルツ

ご存知の通り日本のコンセントは100ボルト、50/60ヘルツですが、
フィリピンのコンセントは220ボルト、60ヘルツの仕様になっています。

220ボルトに未対応の電子機器をコンセントに繋いでしまうと、
最悪の場合、電子機器が壊れてしまう可能性があるので注意が必要です!

 

変圧器は必要?近ごろの電子機器は220ボルト対応も多い!

220ボルトを100ボルトに変換するためには、「変圧器」が必要となります。
それではフィリピンに行くときに変圧器は必要なのでしょうか?

まずはお手持ちの電子機器の対応電圧を確認してみましょう!

近ごろだと、スマホやパソコンなどの充電器は100ボルト~240ボルトまで対応しているものが増えているので、
わざわざ変圧器を持っていく必要がない場合も多くなっています。

電源の対応電圧確認方法

「100-240V」と書いてあれば、変圧器は必要ありません。

ただし、ドライヤーやひげ剃りなどの電子機器だと、220ボルトに対応していない物もあります。
220ボルト非対応の機器を持参する場合には、変圧器を購入しておきましょう。

変圧器が必要な場合はコチラが安くてオススメです。

GSK 海外 変換プラグ コンセント 変換 2USB充電器付 スマホ充電 100-240V 150ケ以上対応 海外旅行 便利グッズ (黒)
GSK

 

おわりに

いかがでしたでしょうか?
今回はフィリピンのコンセント事情を解説しました!

この記事のまとめ
  1. コンセントの形状は基本的に日本と同じでOK!
  2. フィリピンの電圧は220ボルト、60ヘルツ
  3. ただし、近ごろは「変圧器」が必要ない場合が多い

フィリピンでは、コンセントの形状についてはもともと日本と同じAタイプが使われていましたが、唯一のネックだった電圧も近ごろの電子機器の進化で対応できるようになりました。

おかげで、コンセント周りについては特別な機器を用意することなく、
気軽にフィリピンへ旅行できるようになりましたよね(^o^)

それでは、あなたのフィリピン旅行が素敵なものになるように願っています♪

南国の青い空とピーチ

【出発前必見】フィリピンに行く前に知っておきたい基本知識・マナー【チップ・トイレなど】

2018年8月5日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA