【出発前必見】フィリピンに行く前に知っておきたい基本知識・マナー【チップ・トイレなど】

南国の青い空とピーチ

こんにちは、たろう丸(@tarohmal)です。

今回は、フィリピンを訪れるにあたって知っておきたい基本知識を調べたので
まとめて共有しておきたいと思います。

 

水道水はNG!ミネラルウォーターを飲みましょう

グラスに注がれるペットボトルの水

生水はもちろんですが、ホテルであっても水道水は飲まないほうがいいです。
水を口にする時はミネラルウォーターを買うようにしましょう。

created by Rinker
Crystal Geyser(クリスタルガイザー)
¥450 (2020/02/20 06:35:04時点 Amazon調べ-詳細)

 

トイレは便座がない?トイレットペーパーがない?

便座に座るカエル

フィリピンのトイレは洋式トイレですが、便座がついていないことが多いです。
日本でよく見る洋式トイレの陶器の部分だけが置かれている状態、といえばイメージしやすいでしょうか。
用を足す時は、おしりを浮かせてするか、便座の上に足をのせてしゃがんで使います。
また、トイレットペーパーが備え付けられてないトイレも多いので、おしりふき用ペーパーは日本から持参したほうがいいです。

大人用のおしりふきシートなんかもありますので、参考にどうぞ

ちなみに、おしりを拭いた紙は便器に流せないトイレも多いので、便器のそばにあるゴミ箱へ捨てましょう。

 

フィリピンはチップの文化あり

日本人が海外に行くとき特に気になるのが「チップは要るの?要らないの?」という疑問ですよね。
フィリピンにはチップの文化がありますので、なにかサービスを受けた際にはチップを渡すようにしましょう。

チップの金額の例
  • ホテルで荷物を運んでもらった → 約10ペソ/個
  • ハウスキーピングを頼んだ → 約20~50ペソ
  • タクシー代 → 約30~40ペソの範囲で端数を切り上げ
  • レストラン → 食事代+1割くらい(上限100ペソ)

 

犯罪に巻き込まれたら極力抵抗しない

エスカレータに乗る警備員

フィリピンでは、一般人でも合法的に銃器を所持・携帯できますので、
街なかの強盗事件でも、銃器犯罪に発展する可能性があります。
犯罪に巻き込まれないように危険な時間・場所に出歩かないことはもちろんですが、
もし犯罪に巻き込まれた場合には極力抵抗しないようにしましょう。
命あっての物種、
金品を奪われてもあなた自身が無事に帰国することを最優先にしてください。

 

おわりに

ということで、フィリピンに行くときに知っておきたい基礎知識をまとめました。

今後も日本とフィリピンの文化の違いやちょっとしたマナーなんかを
調査したらどんどん追記していきたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA