【2019年】Windows10でLinuxを使う方法【UNIXコマンド】

どうも、たろう丸(@tarohmal)です。

Windows10で「Windows Subsystem for Linux(WSL)」機能が公式に実装され、Windows10上にLinuxを簡単に導入できるようになりました。

この記事を執筆時点(2019年04月01日)では、次の5つのLinuxディストリビューションが用意されていることが確認できます。

Windows10にインストール可能なディストリビューション
  • Ubuntu
  • openSUSE
  • SUSE Linux Enterprise Server
  • Debian
  • Kali Linux

そこで今回は、「Windows Subsystem for Linux(WSL)」機能を用いたLinuxのインストール方法をご紹介します。

Linuxのインストール方法

Windows10上でLinuxを有効化する手順はたったの3ステップだけです。

  • STEP1:「Windows Subsystem for Linux」を有効化する
  • STEP2:Linuxディストリビューションをインストールする
  • STEP3:ユーザーアカウントを作成してログインする

ただし途中でパソコンの再起動が必要ですので、他のパソコン作業がないタイミングで行ないましょう。

また、STEP1の有効化を行なわずにLinuxをインストールしようとしてもエラーとなってしまうので、インストール手順の順番にも注意してください。

それでは順番にインストール方法を紹介します。

STEP1:「Windows Subsystem for Linux」を有効化する

  1. [コントロールパネル]→[Windowsの機能の有効化と無効化]→[Windows Subsystem for Linux]にチェックをいれて[OK]
  2. 有効化が完了したら再起動
WSLの有効化

WSLを有効化してOKを押したら再起動を促される。

これで、「Windows Subsystem for Linux」の有効化が行なわれます。

「Windows Subsystem for Linux」の有効化を先に行なっておかないと、次に説明するLinuxディストリビューションのインストールができないので要注意です。

STEP2:Linuxディストリビューションをインストールする

  1. Microsoft Storeで「Linux」を検索
  2. 好みのディストリビューションを選んでから[入手]を押してダウンロード
MicrosoftStoreのLinux検索画面

Microsoft Storeでは5つのディストリビューションが用意されている。好みのものを選ぼう。

これで、Linuxディストリビューションの導入が出来ました。次に、Linuxの初期セットアップを行ないます。

STEP3:ユーザーアカウントを作成してログインする

  1. Microsoft Storeのインストール画面から[起動]を押す
  2. ウィンドウが立ち上がり、インストールが始まるので完了するまで待つ
  3. 新規ユーザーの作成を促されるので、画面の指示に従って「username」と「password」を入力して登録・ログイン
Linuxユーザーの新規作成

以上で、Linuxのインストール作業は完了です。

ちなみに「password」を入力する際はコマンドラインに何も表示されませんが、入力されたフレーズはちゃんと認識されています。「パスワードが入力できない!?」と焦らずに、丁寧にパスワードを入力してみてください。

コマンドプロンプトからUNIXシェル「Bash」を起動する

Linuxディストリビューションが正しく動作しているか確認してみましょう。ここでは、Windowsのコマンドプロンプトから、Linux標準シェルである「Bash」が使用できるか確認してみます。

  • スタートメニューの「Windowsシステムツール」から「コマンドプロンプト」をクリック

もしくは

  • 「ファイル名を指定して実行」から「cmd」を入力して「OK」をクリック

をしてコマンドプロンプトを立ち上げます。

コマンドプロンプトが立ち上がったら、コマンドラインに「bash」と入力して「Enter」を押します。

UNIXシェルBashの使い方

これで「Bash」が立ち上がりました。

UNIXコマンドもコマンドプロンプト上から使用できるようになっているので、いろいろ試してみてください。

おわりに

ITエンジニアに欠かせないLinux環境を、Windowsの正式機能として簡単に利用できる様になったのは非常に嬉しいですね。「あたらしいパソコンを1台用意したり、デュアルブートやら手間ヒマかけて環境構築するほどじゃないけど、Linux環境をちょっと試したい」って温度感の人も多いと思いますが、そんな方々にご参考いただければ幸いです。

それでは、最後までご覧頂いてありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA